ドクターとナースのメディカルスキンケアサロン リチェッタ

リチェッタ

営業案内 リチェッタの紹介 メディカルエステ オリジナル化粧品 

永久脱毛(ニードル脱毛)

ドクターとナースが行うスキンケア

脱毛に関するコラム

たかが脱毛・・・されど脱毛!・・・です。

「毛」は体の組織の1つ、無茶な処理をしてトラブルにならないように、上手に処理していただきたいな・・との思いから、永久脱毛に関わる事を、少しずつまとめてみました。

ドクターHARUのアドバイス・・つぶやき・・ぼやき?・・

レーザー脱毛について

なぜリチェッタではレーザー脱毛をしないのか?・・って

それは・・1本ずつ狙った毛を選んで処理できないから、そして、処理した部分も、条件によっては確実に無くならないからです。

リチェッタドクターHARUは、大学病院でレーザーによる臨床治療の研究(赤あざの治療、ほくろ、シミの治療など)を担当しておりましたが、脱毛に関しては効果が確実とは言えないので、リチェッタでは行なっておりません。

レーザーで永久脱毛する仕組みは

レーザーとはそもそも非常に直進性の高い光エネルギーをポイントに絞って照射する機械のことです。
これって物理の話なのですが、既にハテナマークが出て頭がショートしましたか?細かなことは無視して、ざっくりと御説明します。

レーザー機械には、照射する光の波長によっていろいろな種類があります。

この中で、黒色にだけ反応して光がエネルギーに変わるレーザーを脱毛に利用しています。

ところが、レーザーのエネルギーも高すぎればお肌やその他の組織にダメージを与えてしまいますし、弱すぎれば肝心の毛根が処理できないということが起こります。

さらに、このイイ感じに処理できるエネルギーの幅が、ものすごく小さいのがレーザーの特性でもあり、扱いにくさでもあります。

しかも、毛根部分は、全てが同じ深さに並んでいるわけではなく、少しずつずれた深さに分布していますから、一度の照射で全ての毛を処理することが難しいのです。

日焼けしたお肌や、もともと色素の多い乳輪やVライン・Iラインエリアでは、皮膚部分がエネルギーのダメージを受けてしまいますので、レーザーは照射できません。

しかも毛は、毛根から出口まで皮膚に垂直に生えている訳ではありません。そのために抜きたい毛の毛根は、毛穴の出口とはずれた位置にあります。

毛の断面

そのため、眉周りやVラインなどを、ご希望のラインに沿って処理したい場合、レーザーでは思い通りにはなりません。

レーザー脱毛の良さ

お肌が白くてメラニンの分布が少なく、比較的毛根の深さが均一な部位など、広範囲に素早く処理するには、レーザーが効率的です。なにせニードルでは、どのような部位でも一本一本の手作業ですから、時間がかかります。

それぞれに得意不得意がありますので、よくよくご検討下さい。

リチェッタでは、いつでもニードル脱毛一筋です!

ただし、これも我々スタッフの視力が老眼で見えなくなるまでのはなし・・・今のうちにせっせと通ってくださーい!!

 

 

ドクターとナースが行うスキンケア

トップへ戻る

>>site map

〒231-0862 横浜市中区山手町27-5-205 TEL : 045-651-3655

Copyright (C) 2018 RICHETTA Ltd. All Rights Reserved.