ドクターとナースのメディカルスキンケアサロン リチェッタ from1996

リチェッタ      

営業案内 リチェッタの紹介 ニードル脱毛 メディカルエステ オリジナル化粧品 営業カレンダー

ドクターズコスメ

< ニキビ脱出指南 >< リモネン洗顔 >< ジェルが優しい >< 洗顔のコツ >< 洗顔と共に >< プロにお任せ >

レガロクレンジングジェルにジェル基剤を採用した理由

洗顔は泡で汚れを浮かせて洗い流すのがスタンダードですが、この場合の手順として、両手で先に十分泡立ててから顔の肌にのせて、ふわふわと泡を使って洗わないと正しくないのです。

ところが、実際に皆さんが洗顔する時の手順を確認しますと、直接洗顔剤や石鹸を顔に塗ってからそこでこすりながら泡を立てる方が多いのです。(手で泡立てるのがめんどくさいから・・らしいのですが、あなたは大丈夫ですか?)

角質層表面は「こすられることに弱い」組織ですから、顔で擦りながら泡立てると、泡立つまでにけっこう表面をこすっているのです。よくないっす!

リチェッタで、40倍スコープを使って、お客様の肌表面の状態を細かく観察した
結果、先にも説明しましたお肌のキメ(皮構と皮丘で構成される凹凸)構造が削られて、テカテカになっている方は、たいてい顔でこすりながら泡立てていらしゃいました。

そこで、泡を立てないジェルにすれば、(泡立てようと)むきになって肌をこすることもなく、角質表面を痛めないで済むのでは・・(とドクターは考えました)これが発送の転換です。

ジェルによって手がスリップするので、りもねんを馴染ませる間もお肌に優しい洗顔が可能になります!

毎日こずらずに洗顔していることは、角質細胞のターンオーバースピードを元通りに戻すきっかけになり、強いては目詰まりを起こりにくくすることに繋がりますので、ニキビ(吹き出物)ができにくいお肌作りの基本となります。

とにかく毎日の洗顔時に、お肌表面をこすらない事を最優先に開発しました。

クレンジングジェル

しつこいようですが、ニキビ肌を改善するには、お肌をこすらないこと(特に洗顔時に・・)が大切なのです!

>> では、実際の使い方をもう少し詳しく

 

 

 

ドクターとナースが行うスキンケア

トップへ戻る

>>site map

〒231-0862 横浜市中区山手町27-5-205 TEL : 045-651-3655

Copyright (C) 2019 RICHETTA Ltd. All Rights Reserved.